スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットのアビリティについて

  • 2007/07/13(金) 00:00:00

各ペットのアビリティについて少し調べてみました。

ペットの育成や20Pの酵素作成は非常に大変なので、
これらも大切な要素ですしね。

アビリティは同タイプのペットから飼い主がアビリティを受けることで
入手可能です。
しかし同タイプの基準がいまいち理解出来てません;;

現在までに発見されているアビリティは、こちらが参考になります。
Pet Specials: List of specials by creature type

主なアビリティの詳細については以下の様になります。
※自己調査なので、間違いあったら指摘してね。

■ペットのアビ詳細 (数値はMAXレベルのアビリティで調査)
Bite
通常攻撃より大きなダメージを与える。
Bolster Armor
20秒間、ペットのアーマーレートを6000上昇させる。
Charge
敵を?秒間動けなくする。Charge5は未調査。10秒ぐらい?
Claw
通常攻撃より大きなダメージを与える。Biteよりダメは低いが、クールダウンタイマーは短い。
Disease
35秒間、敵のアクション総量を減らし、アクション回復が出来ない状態にする。
Enfeeble
30秒間、ペットの攻撃がパニッシングブロウ(ダメ1.5倍)になる確立が上がる。
Flank
5秒間、敵が受ける攻撃が35%の確立でクリティカルヒットとなる。
Hamstring
7秒間、敵の移動スピードを低下させる。
Health Leech
敵のヘルスを削り、自分のヘルスに反映させる。
Poison
350×15程度の毒DOT攻撃。ダメはアサルト着用時。
Provoke
敵のヘイトを集める。スキルトレーナーから入手可能。
Puncture
敵のアーマーレートを低下させた状態でダメージを与える?
Shaken
20秒間、ペットの攻撃力を25%上昇させる。
Slash
496×8程度のブリードDOT攻撃。ダメはアサルト着用時。
Stomp
範囲ダメージ攻撃を行う。
Wind Buffet
?秒間、敵の攻撃がGlancing Blowになる確立UP。※Wind Buffet3の場合は10秒

この他にも未発見のアビリティが多々あるようなので、
もう少し調査が必要ですね。

しかし奥深いなぁ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

奥が深いというか、「まにあっく」と言うか^^;

みんな頑張るんだ^^

  • 投稿者: アヤヤ
  • 2007/07/14(土) 23:15:03
  • [編集]

あややさん>
調べれば調べるほど、マニアな世界に引きずりこまれてる気がしてならない今日この頃です;;

  • 投稿者: Gowo
  • 2007/07/15(日) 07:57:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。